あさひ園について

ごあいさつ

理事長 六車 剛

清桜会の前身となる現在清輝橋にある一般財団法人志清会(岡山紀念病院)の初代理事長六車清茂が岡山大学医学部の苦学生のために自費で寮を提供し、時には一升瓶を片手に寮生と明け方まで学生生活や交友の大切さ、医学の経験など語りつくし、医学の発展のため中四国の要となる数多くの医師を輩出いたしました。
後に二代目理事長の六車昌士が社会福祉法人清桜会(特別養護老人ホームあさひ園)を設立し、特別養護老人ホームあさひ園の運営を通し、制度の狭間にある地域のお年寄りに寄り添う事に尽力いたしました。
設立時、「和致芳」の書を理事会より頂き、今も私たち職員一同は「和致芳(わっちほう)」を信念に職員もご利用者もみんな家族という思いで21世紀の新しいニーズに応え、サービスの向上に努めています。
これからの福祉は、新しい視点での多様な取組が必要となります。ゆるぎない理念を柱に次世代の福祉をご提案し、地域の皆様の期待に応えていく事の出来る社会福祉法人の役割を構築していきます。

今後とも皆さま方のご指導、お力添えを賜りますようお願い申し上げます。

社会福祉法人清桜会
理事長 六車 剛

理念

私たちは皆様の自主性・自立性を出来るだけ尊重し
いつまでも人間らしく生きていただくために
最大限のご支援をさせていただきます。

沿革

平成2年 特別養護老人ホームあさひ園(50床) 開設
平成3年 ショートステイ(2床)
岡山市ほっと入浴 受入れ開始
平成11年 デイサービス 開設
居宅介護支援事業所 開設
平成12年 介護保険スタート
ショートステイ(5床増床)
平成25年 サービス付き高齢者向け住宅「さくらのいえ旭本町」 開設
訪問介護 開設
ページ上部へ